行政処分、医道審議会の対応は、医療問題専門のフラクタル法律事務所にお任せください。

03-6447-4307 相談メールフォーム

弁護士紹介

弁護士 田村 勇人(たむら はやと) 第一東京弁護士会所属

【略歴】

2003年03月 法政大学大学院社会科学研究科卒業
2003年11月 司法試験合格
2005年10月 平沼高明法律事務所勤務
2006年12月 フラクタル法律事務所開設(同代表パートナー)
2014年02月 青山を本店とする

 

【プロフィール】

一般民事・刑事・医療過誤・企業法務等、幅広い分野を取り扱いながら、国選被害者参加弁護士を務め、社会貢献にも力を注いでいます。過払金請求事件では、過払金を数多く扱う事務所も挑戦しなかった最高裁判断を勝ち取る等、困難な事案にも一切妥協はしません。
メディア出演や寄稿も多く、一般の方々へ向けての分かり易い解説が好評を得ています。

 

【所属委員会等】

・元法政大学法科大学院特任講師
・元弁護士賠償責任保険調査担当
・犯罪被害者委員会
・業務改革委員会

弁護士 堀井 亜生(ほりい あおい) 第一東京弁護士会所属

【略歴】

2000年03月 中央大学法学部法律学科卒業
2003年11月 司法試験合格
2005年10月 平沼高明法律事務所勤務
2006年12月 フラクタル法律事務所開設(同代表パートナー)
2014年02月 青山を本店とする

 

【プロフィール】

一般民事・刑事・医療過誤・企業法務等、幅広い分野を取り扱っています。
メディア出演や寄稿の際には、たとえ短い記事等であっても丁寧に下調べを行い、表に出ない部分や、依頼者から見えないところでも労力を惜しみません。聡明さに加え、女性ならではの優しさと強さを兼ね備えており、「是非先生に」と指名される方が多くおられます。

 

【所属委員会等】

・犯罪被害者委員会
・業務改革委員会

弁護士 今井 猛嘉(いまい たけよし) 第一東京弁護士会所属

【略歴】

1988年04月01日~1991年03月01日 東京大学法学部 助手
1991年04月01日~1995年09月01日 北海道大学法学部 助教授
1995年10月01日~現在 法政大学法学部 助教授(「刑法Ⅰ・Ⅱ」「刑法演習」担当)
1998年08月01日~1999年03月01日 Iイギリス・ケンブリッジ大学法学部 客員研究員
1999年04月01日~2000年03月01日 スイス・ジュネーブ大学法学部 客員研究員
2000年04月01日~2000年07月01日 イギリス・ケンブリッジ大学法学部 客員研究員
2000年08月01日~2000年09月01日 スイス・ジュネーブ大学法学部 客員研究員
2002年04月01日~現在 法政大学法学部教授(「刑法」担当) (現在に至る)
2002年07月01日~2002年09月01日 ドイツ・フンボルト大学法学部 客員研究員
経済産業省 産業構造審議会 通商・貿易分科会委員

 

【著書】

・法律学小辞典(第四版)
・刑事法辞典
・LEGALQUEST刑法総論
・LEGALQUEST刑法各論
・法律学小辞典(第三版)
・新・判例マニュアル・刑法Ⅱ
・刑法は企業活動に介入すべきか

 

【所属学会等】

・法政大学大学院法務研究科教授
・法制審議会刑事法部会委員
・司法試験考査委員
・内閣官房・内閣府本府入札等監視委員会 委員
・The Japanese Representative(Examiner) to the OECD Working Group on Bribery
・High Level Adviser to the Secretary General of the OECD

弁護士 長島 功(ながしま いさお) 第一東京弁護士会所属

【略歴】

2008年03月 中央大学法科大学院 卒業
2008年09月 司法試験合格
2009年12月 弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

【プロフィール】

医療事件、家事事件、刑事事件等、幅広い分野の事件を取り扱っています。刑事事件では、被害者の方の気持ちを考慮しながら、依頼者の現状や生い立ちを理解してもらうべく交渉を行います。示談成立件数も多く、不起訴となった事例もあります。依頼者からの充分な聞き取り、相手方との粘り強い交渉という、最も重要な基本作業に丁寧に取り組みます。

弁護士 小島 梓(こじま あずさ) 第一東京弁護士会所属

【略歴】

2005年    アカデミック・イニシアティブ・ケンブリッジ国際法プログラム修了
2008年03月  法政大学法科大学院卒業
2010年09月  司法試験合格
2012年01月  弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

【プロフィール】

医療事件、家事事件、刑事事件等、幅広い分野の事件を取り扱っています。
刑事被害者に対しては、その気持ちを慮り、手続的・精神的負担が軽減するよう、気配りを忘れません。常に丁寧に且つ安心感を与える物腰で依頼者の方と向き合います。事件解決後、「先生でよかった」と言われることが多く、依頼者の方から信頼の厚い弁護士です。

弁護士 幡野 真弥(はたの まさや) 第一東京弁護士会所属

【略歴】

2008年03月  一橋大学法学部卒業
2011年03月  中央大学法科大学院修了
2011年09月  司法試験合格
2013年01月  弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

【プロフィール】

困難な事案であっても、突破口を見つけ出すべく先例・判例を丹念に調査します。
相手方との交渉においては決して引くことなく、求められていることに全力で取り組み、結果を出す誠実な弁護士です。裁判員裁判においては、被害者参加弁護士も務め、被害者遺族の気持ちを少しでも判決に反映させるべく力を注いでいます。

弁護士 佐藤 祐介(さとう ゆうすけ) 第一東京弁護士会所属

【略歴】

2007年03月  東北大学法学部卒業
2011年03月  中央大学法科大学院卒業
2012年09月  司法試験合格
2013年12月  江東総合法律事務所勤務
2015年03月  弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

【プロフィール】

「依頼者の幸せを第一に考える」という理念のもと、親しみと安心感を与えられる『身近な』弁護士を目指し、日々研鑽を積んでいます。
特に、知的財産、家事、刑事、医療案件に興味を持ち勉強を続けています。
勤勉・誠実な人柄で、強い情熱と責任感をもつ期待の弁護士です。

弁護士 沼里 祐太(ぬまり ゆうた) 第一東京弁護士会所属

弁護士 沼里祐太

 

【略歴】

2012年03月  明治大学法学部卒業
2014年03月  中央大学法科大学院修了
2015年09月  司法試験合格
2016年07月  国家公務員総合職院卒者試験合格
2016年12月  都内法律事務所勤務
2017年03月  弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

【プロフィール】

家事、医療、労働、企業法務、刑事等、幅広い分野の事件を取り扱っています。
また、依頼者の感情面や経済的合理性にも配慮し、行き届いたリーガルサービスを提供できるよう心がけております。
東京マラソンを初め各地のマラソン大会に出場しており、困難な事件であっても、マラソンで鍛えた忍耐力で真っ向から立ち向かっていきます。

弁護士紹介

 

フラクタル法律事務所青山サイト

医師のための法律相談

不安で悩む前に、お気軽にお問い合わせください

素早いご依頼が、行政処分、医道審議会への大きなアドバンテージとなります。

03-6447-4307

相談メールフォーム

行政処分、医道審議会の対応は、医療問題専門のフラクタル法律事務所にお任せください。

 

 

弁護士法人フラクタル法律事務所

【予約専門フリーダイヤル】0120-684-600

■青山事務所 東京都港区南青山1-4-17-7階

電話:03-6447-4307 FAX:03-6447-4308

■弁護士 田村勇人、弁護士 堀井亜生、弁護士 今井猛嘉、弁護士 長島功、弁護士 小島梓、弁護士 幡野真弥、弁護士 佐藤祐介、弁護士 沼里祐太(第一東京弁護士会所属)

■E-mail:info@fractal-law.com

Copyright©2008- fractal law office All Rights Reserved.